私の運命の相手は、奇想天外で原始時代の生き物で、とにかく変な奴でした。

40代後半女性です。主人とは職場の先輩、後輩という関係でした。職場は中学校で、2人とも国語科です。最初の印象は、暗くて寡黙な人、というものです。同じ学年に所属していましたが、冗談を言ったりすると怒られそうで、話しかけませんでした。仲良くなったきっかけは、私が授業の展開や発問について質問したことです。すると、授業展開ノートを開いて、どこが大事で、どういう発問をすると生徒がのってくるか、ということを細かく話してくれました。でも、押し付けがましくなくて、凄く納得して、早速翌日からやってみて、うまくいったことを報告しました。凄く喜んでいて、あ、真面目だな、と好印象を持ちました。が、私の中で、奇想天外だったのが、食事のことです。学年職員でお昼を食べに行った時、他の人が食べ残したパスタとか、オムライスとかを食べていたのには、カルチャーショックを覚えました。他の先生も当たり前のように与えていたので、それにもびっくり。この人、貧乏なのかな、どういう教育を受けたんだろうとちょっと引きました。また、話を聞くと、家にはテレビがないというのです。これにもショック。いつの時代の人だろう…と、本当に恐怖さえ感じました。が、やはり授業は凄い。参観させて頂いた時、生徒たちが目を輝かせて授業を受けていたのを見て、この人は本物だ、と感じました。ジャージはピッチピチでお尻のラインがいつもでていて、生徒にはプリッケツとか呼ばれていたり、原色のシャツを着てて、決してカッコよくありませんでしたが、生徒や授業のことから、誠実な人
なんだなと感じ、好意を持ちました。初めてのデートは多分、仕事終わりにラーメンを食べたことだと思います。2度目は、はっきり、赤城山にドライブに誘われましたが、ただドライブしただけでした。決して手を出してこなかったので、興味ないのかなと思っていました。しかしその後、告白されてお付き合いが始まりました。お互いの担当学年の兼ね合いや、主人方の父親の病気などもあり、付き合って付き合って5年目のときにプロポーズされました。「2世帯住宅を建てるんだけど、間取りを考えてほしい」でした。一応プロポーズと捉えましたが、本当に、間取りを考えるだけで、別の人と結婚するんだったらどうしよう、とか考えてしまいましたが、やはり私と結婚してくれました。当時の私に一言言うとしたら、まぁ色々大変なこともあるけど、その人で大方間違いないよ、可愛い子供に恵まれるし、幸せに暮らせるよ、それと旦那と私のどちらか正しいかと言われれば、9割がた私だから大丈夫だよ、と伝えたいです。