海外旅行で出会った彼女にお花を贈って大成功

40代男性で、結婚相手の年齢は同じ40代の女性です。30歳の時に海外旅行のツアーで知り合い、仲良くなりました。最初の印象は、笑顔が可愛いおとなしい感じの雰囲気がしました。一人で来ていて、まるで居場所がないかのように落ち着かないような感じでそわそわとしてしたので話しかけてみました。その時の優しい表情がとても印象的でしたし、話してみると、気を全く使わない、自分が自然体でいられることに気がつきました。
旅行中はそこそこ親しくなったものの、特別な関係になったわけではなく、なんとなく気になる相手という感じでしたが、最後空港で別れるときになったときに、また会いたいという気持ちが沸いてきて、慌てて連絡先を交換し、その後写真を送ることを口実にコンタクトを取り、真剣にお付き合いしたいことを伝えました。兵庫と栃木という遠距離でしたが、自分から会いたいということを伝えると、いいですよという返事で、交際がスタートです。デートは、お互いあまりにも遠いので彼女には東京に出てきてもらい、私は飛行機で東京に行き、初めてのデートが実現しました。
とはいえ改まって出会うと、なんとなく緊張してしまいました。旅行の時はテンションが高くなっていたので、盛り上がったのですが、いざこうした形で会うと、盛り上がるという感じではなく、お互いにそれほど口数が多い方ではないので、話題を探すのに苦労したりという気まずい空気になったりしました。お台場デートで、夜まで一緒にいたのですが、彼女もあまり楽しそうではないような気がして、やはり付き合うのは無理かなという雰囲気にもなりました。ですが3回目のデートの約束の前に、ハイビスカスを贈ったのですが、それが大ヒットで、彼女の心がぐらぐらッと来るようなサプライズになりました。そして真剣に交際となり、1年後にプロポーズ、そして結婚という流れになりました。
彼女は結婚という意識があまりなく、気持ちの中であまり盛り上がっていない状態だったこと、一方で自分は心の中で盛り上がっていたので、最初はこの温度差のため、やや戸惑いましたが、お花を贈ったあたりから、彼女も自分のことを好きになってくれるようになりました。お花をプレゼントするのは、気持ちを伝えるのにとても良く、結婚に向けてぐっと彼女を惹きつける方法だと思います。