思い出しただけでも甘酸っぱい気持ちになれる恋でした

20代女性です。

始めて付き合ったのは中学3年生の時でした。

始めて付き合ったのは数年前の中学3年生の時でした。

その時の彼は小学校から中の良いグループの中の一人で、頭が良く、背の高いインテリっぽい人でした。

その彼とは委員会が一緒で、とても優しく仕事を助けてくれる姿に惹かれました。

友達がバラしたのがきっかけです。

また当時彼の友人には私の好きな人(彼)のことを話していたのですが、その友人がある拍子に本人に言ってしまい、そこから「お前となら付き合っても良いけど・・・?」みたいなノリで付き合いが始まりました。

花火を見に行きましたが・・・

付き合ったのは半年程だったと思いますが、特にデートとしてどこかに出かけたことはありませんでした。

一度だけ、近所の土手に二人で花火を見に行きましたが、緊張しすぎてしりとりをしただけで花火を見ずに終わってしまったのは今でも可愛い思い出として残っています。

毎日一緒に下校していました。

それくらいしかデートはしてませんが、中学生ということで家が近く、毎日一緒に下校していました。

その時に彼が無言で手を出してくれて、一緒に手を繋いで帰っていたことが今思い出しても温かいような恥ずかしいような気持ちになります。

最後は、自然消滅でした。

結局その恋は、高校受験が終わると同時になんとなく自然消滅してしまいましたが、とてもいい思い出になりました。

もっと気持ちを伝えれば良かったです。

今の私から当時の自分にアドバイスをするとすれば、もっとたくさん話をすればよかったのにと思います。

友達伝いで私が彼を好きだということがばれたので、多分彼に好きと言ったことは一度もありません。

なので、もっと話をしたりデートしたいと言ってみたりと気持ちを声にして伝えればよかったなと思っています。

今は、教訓を生かしています。

今ではその教訓を生かして新しい彼と幸せに過ごせています。