初めて付き合った異性との、甘酸っぱい思い出

現在私は30代半ばになる男性です。

始めて付き合ったのは、17歳の時でした。

はじめて異性と付き合ったのは17歳の時、当時は高校生でした。

相手は同じ市内に住む他校の女の子で、1つ年下の女性です。

きっかけは、PHSのショートメールでした。

付き合うきっかけになったのは、当時高校生がみんな持っていたPHSがきっかけでした。

当時はまだ電話番号でメールを送る形式で、文字数も20文字前後くらいのショートメールのみです。

電話番号を適当に入力して、「メル友になりませんか。」とメールを送るのが密かに流行っており、たまたま私宛にその女の子からメールが来たのが始まりです。

メールを毎日やり取りをしているうちに、同じ市内に住んでいることが判明し、メル友になってから2週間程で、一度会ってみようという流れになりました。

初対面で私から告白しました。

女の子の自宅近くの公園まで行き初対面。

会うまでどんな女の子か全く分かりませんでしたが、黒髪のロングヘアが可愛く、明るい性格のその子に私が一目惚れでした。

公園のベンチで2時間くらい、コンビニで買ったお菓子を食べながら話をして、その時に付き合おうと私から告白。

回答は一時保留されましたが、その晩にメールでOKをもらえて交際がスタートしました。

私は初めての彼女でしたが、相手にとっては2人目の彼氏になります。

デートは主に市街地に出てショッピングに行ったり、ファミレスか自宅でまったりでした。

付き合った期間は8ヶ月程です。

別れた経緯は、彼女が同じ高校の同級生から告白されたらしく、一度はその告白を断りました。

しかし、どうやら彼女自身もその男性に気があったらしく、その出来事があった数日後に別れを告げられてしまいました。

恋愛事情は時代によって変わってきます。

今の時代、SNSの普及によって色々なツールが増え続けていますし、年代によって価値観も変わってきます。

恋愛を継続するのは、相手に気持ちを与え続けること。

しかし、やっぱり恋愛をスタート、そして継続していくのに必要なのは、「好き」という気持ちを相手に与え続けることだと思います。

過剰に与えてしまうと煙たがられますが、客観的な視点を持ってバランス良く「好き」を与えていくのが成功の秘訣だと思います。