保育園の時の淡い失恋。でもいい思い出です。

30代前半女性です。
初めて失恋したのは、保育園のときでした。
好きになったのは、同じクラスにいた男の子。
私はとっても人見知りが激しくて、園内の友達とあまりなかよくできない子供でした。
食べ物の好き嫌いも激しくて、給食を食べるのがいつも遅くなってしまっていました。
みんなが食べ終わっているのに、自分だけ食べるのが遅いのがコンプレックスだったのです。
しかし、そんな私と同じように、給食を食べるのが遅い男の子がクラスにもう一人いました。
その男の子が、私の初恋の相手です。
その子はコンプレックスだらけな私に「一緒にさいごまで給食を食べられるように頑張ろう」と毎日励ましてくれました。
その子がいたおかげで、お友達も出来たし、たのしく保育園でのsでい活を過ごせていたのです。
でも、この恋心は彼にはつたわっていませんでした。
バレンタインデーの時にチョコレートを渡して告白をしたら、
「ぼくには他に好きなひとがいる」とはっきり言われてしまったのです。
でも、私のことはいいお友達だとは思っているので、これからもみんなでなかよく遊ぼうといわれました。
失恋した時はとってもさみしかったけれど、あまり引きずることはありませんでした。
好きな女の子を彼が明言しなかったおかげで、その女の子にライバル心を持つこともありませんでした。
そこは彼にとても感謝しています。
他のお友達と遊んでいるうちに、またすぐに他の男の子に恋心を抱いていましたね。
今思うと、幼い時が一番無垢な分、立ち直りも早かったかもしれません。